合格率から見る社会保険労務士の難易度

まずは、社会保険労務士の難易度を見てみましょう。

過去10年の合格率

年度

受験者数

合格者数

合格率

平成26年度

44,546人

4,156人

9.3%

平成25年度

49,292人

2,666人

5.4%

平成24年度

51,960人

3,650人

7.0%

平成23年度

53,392人

3,855人

7.2%

平成22年度

55,445人

4,790人

8.6%

平成21年度

52,983人

4,019人

13.1%

平成20年度

47,568人

3,574人

7.6%

平成19年度

45,221人

4,801人

10.6%

平成18年度

46,016人

3,925人

8.5%

平成17年度

48,120人

4,286人

8.9%

この合格率を見ると、平成21年度と平成19年度以外はすべて10%以下!この数字は、他の国家資格と比べてみても難易度はかなり高いといえます。しかも社会保険労務士試験は、学歴などの受験資格があり、受験者はある程度の学力を持って試験に臨んでいることが考えられますので、周りのレベルも高いと思います。私は5年かけて社会保険労務士試験に合格しましたが、受験者の中には10年近くかかっている人もいるほどです。

「えっ!」と引いてしまったアナタ。そこまで心配することはありません。
確かに社会保険労務士試験の難易度は高いのですが、旧司法試験や司法書士のような合格率2%以下の超超難関な試験ではないのです。しっかりと対策を練り、効率の良い勉強さえすれば、合格を手にすることができる試験なのです。現に二流大学を卒業した私でさえも、通信講座のDVD付きコースを受講して1年で合格することができたのですから。
ちなみに、独学で勉強しているようでは、いつまでたっても合格はできません。
本気で合格したいなら、しっかりとしたカリキュラムとレベルの高い教材が必要なのです。

次のページ >>