講義DVDを使用した勉強法と試験までのスケジュール

いよいよ、実践です。ここでは、DVDを使用した効果的な勉強法を紹介しましょう。と、その前に資格試験の学習を始める前には、学習スケジュールを立てておくことをおすすめします。ゴール(試験日)は8月下旬と決まっているので、
そこに帳尻を合わせて、計画を立てましょう。ちなみに学習期間1年の場合は、
基礎知識⇒1カ月~8カ月
過去問演習⇒8カ月~10カ月
総まとめ⇒10カ月~12カ月

が良いかと思います。まずは、ざっくりと大きく分けてから、細かくスケジュールを立てていくのがベストですね。

基本的な勉強法は…
①DVDを2回
②テキストを読む
③DVD1回
④チェックテスト
⑤テストの見直しと復習


はじめにテキストを読むよりもDVDを見た方がスムーズに頭に入るので、DVDを見てからテキストを読んで、再度DVDで確認して、テストを行うのが効果的。ただ単にDVDとテキストを見たり読んだりするだけでは「問題を解く力」が付かないので、こまめにチェックテストをして身につけることが大切です。そして、必ず間違えた箇所の見直しと復習をしておきましょう。その際にもすぐに巻き戻しができるDVDを使うと便利ですね。

残り4カ月になったところで、過去問演習にシフトしましょう。資格試験において過去問は、最高の予想問題といっても過言ではありません。試験の約8割は過去問から出題されるので、過去10年間分の過去問を3回以上はやっておく必要があります。
そしてこの過去問演習を乗り切ると、試験までは残り2カ月。総まとめの時期に入ります。まず、はじめにやることは、予備校などで模擬試験を受けることです。模擬試験は自分の学力レベルや弱点がわかるので必ず受けてください。そしてその結果を見て、解説をもとに一問一問しっかり復習をしておきましょう。そして自分の苦手科目や今後やっておくべき点をまとめて、試験日までの学習に役立ててください。
試験日までは通り道のりですが、しっかりと学習しなければ、合格を手にすることはできないので、1日1日を大切に頑張っていきましょう。

次のページ >>