社会保険労務士とは

ここからは、社会保険労務士についてお話しましょう。
社会保険労務士とは「どのような職業なのか」、「試験情報」さらには受験生なら誰もが気になる「将来性や年収」もチェックしてくださいね。

社会保険労務士とは、一言でいうと「保険と年金のスペシャリスト」
具体的には…

  • 職業安定所等といった行政機関に提出する書類の作成や手続き
  • 労働保険や社会保険の加入・脱退の手続き
  • 保険給付の手続き
  • 保険給付の手続き
  • 就業規則や労働名簿等の作成
  • 賃金制度や労働条件等についての指導や相談
  • 雇用管理についての指導や相談
  • 年金相談

このように、書類作成や手続きといった事務的な業務と、人事や労務などの相談や指導をする業務にわかれています。
また、社会保険労務士の特徴としては、企業に勤める「勤務社会保険労務士」と、自分で事務所を持って独立している「開業社会保険労務士」の2通りの道があります。
「勤務社会保険労務士」の場合は…
企業の総務部や人事部に勤務し、業務をこなします。
「開業社会保険労務士」の場合は…
主に、企業と契約して、給料計算代行・助成金・補助金申請代行・人事コンサルティング・等の業務を行います。その他、テレビのコメンテーターや講演会の講師として活躍している人もいます。

次のコンテンツでは、勤務社会保険労務士と開業社会保険労務士の年収について、紹介していますので、参考にしてくださいね。

次のページ >>