社会保険労務士の将来性と年収

将来性

経済不況に伴い、派遣社員や契約社員といった非正規労働者が増えている現在、雇用環境はとても厳しく、失業率も高くなっています。さらには、複雑化する年金制度はいまの日本にとってとても深刻な問題です。
これらの問題に精通したスペシャリストこそが社会保険労務士

実は、ここ数年で社会保険労務士の重要はかなり高まっています。現に受験者数も年々増加傾向にあります。近頃、テレビや雑誌などのメディアで社会保険労務士が活躍する機会が多くなりましたよね。保険制度や年金制度がある限り、社会保険労務士の需要はあり続けます。ということから、社会保険労務士の将来は明るいといっても良いのではないでしょうか。

年収

社会保険労務士の平均年収はいくらか知っていますか? 勤務社会保険労務士と開業社会保険労務士の平均年収は603万。一般のサラリーマンよりは高いですが「もっと稼げると思った」と落胆する人もいると思います。でもこれはあくまでも平均であって、年収が300万以下の人もいれば、年収数千万を稼いでいる人もいて、まさにぴんきりです。
では、なぜこのような差があるのでしょうか。

勤務社会保険労務士の場合は、もともとの給料プラス資格手当が付きます。資格手当は企業によって異なりますが、3~5万が一般的。ということは、もともと30万の給料をもらっている人が社会保険労務士の資格を取得した場合、給料は33~35万になるのです。「あれだけ、難関な試験を合格したのに…」という人もいるかと思いますが、これが勤務社会保険労務士の現状といえます。ただし、資格を取得していることによって、企業での評価が上がったり、昇給・昇格、さらにはリストラに合いにくいという特権もありますので、安定を求めるのであれば、勤務社会保険労務士を選択した方がよいでしょう。

それに比べて、年収の差があるのは開業社会保険労務士。いくら開業しても仕事がなかったら、もちろん年収はゼロです。独立開業できる職業すべてにいえることですが、高収入を得られるかどうかというのは、本人の営業努力にかかっています。リスクはありますが、年収数千万も夢ではありませんよ。

ちなみに、私は2年間、一般企業に勤務した後、独立開業しました。開業3年目の年収は約500万。あと3年以内に年収1000万を目標にしています。

次のページ >>