社会保険労務士になるには(試験情報)

受験資格

下記のどれかひとつに該当すれば社会保険労務士に受験することができます。

  • 大学の一般教養科目を修了した者または62単位以上を修得した者。
  • 短期大学または高等専門学校を卒業した者。
  • 修業年数が2年以上で、総授業時間数が1,700時間以上の専修学校を修了した者。
  • 厚生労働省が認めた国家試験に合格した者。
  • 社会保険労務士もしくは社会保険労務士法人、または弁護士もしくは弁護士法人の業務補助の事務に従事した期間が3年以上の者。
  • 行政書士の資格を有する者。
  • 労働組合の職員または法人等、もしくは事業を営む個人の従業者として労働社会保険諸法令に関する事務に従事した期間が通算3年以上の者。

試験日

毎年8月の第4日曜日または第5日曜日

試験科目

科目

選択式

択一式

択一式

1問

10問

労働者災害補償保険法

3科目

2問

7問

雇用保険法

7問

労働保険の保険料の徴収等に関する法律

6問

労務管理その他の労働に関する一般常識

1問

5問

社会保険に関する一般常識

1問

5問

健康保険法

1問

10問

厚生年金保険法

1問

10問

国民年金法

1問

10問

合計

8問

70問

出題形式

すべてマークシート式です。
選択式は、文章中の5つの空欄に当てはまる語句や文章を20の選択肢から選ぶもので、択一式は5つの文章の中から1つ選ぶという形式です。

合格基準

合格基準は毎年異なります。
【平成21年度の合格基準例】

  • 選択式試験は、総得点25点以上かつ各科目3点以上(ただし、労働基準法及び労働安全衛生法、労働災害補償保険法、厚生年金法は2点以上)である者
  • 択一式試験は、総得点44点以上かつ各科目4点以上である者

この合格基準を見ると、すべての科目において満遍なく得点しなければ合格できないということがわかると思います。1問が、1点が、命取りになりますので、どの科目も力が抜けません。それなりの覚悟を決めて試験に臨みましょう。

詳しい試験情報はコチラ
社会保険労務士試験 オフィシャルサイト
http://www.sharosi-siken.or.jp/